製作の現場より

ホーニング加工(砥石編)

今日は、専門的な話です。一般の方にはまったくもってチンプンカンプンな話かもしれませんが、

ご興味がございましたら、どうぞおつきあいください。

 

ホーニング加工に欠かせないモノといえば、ヘッドに装着する砥石です。

では、その砥石、鉄鋼素材にも色々な種類があるように、砥石にもいろいろな種類がございます。

その中でも、弊社で使用しているものは画像のような種類です。

 

研削砥石の構成としては、主に、

「と粒」

「結合剤」

「気孔」

以上3要素から出来ています。

目では確認はできませんが、これらが固まりとなってホーニング用の砥石(画像のように棒状にカット)になるわけです。

※場合によっては充填剤や添加剤なども使用し、特殊処理を加えることがあります。

 

そして、砥石の性質として大事な5要素。

「砥粒の種類」

「粒度」

「結合度」

「組織」

「結合剤の種類」

 

 

素材の種類や性質などに合わせ、総合的に判断し、砥石を選定します。

っと、これ以上はもっと専門的な話になってしまいますので今日はこの辺で。

 

 

————————————————————-
ホーニング加工・切削加工・特殊な表面処理等は
白瀬鋼管株式会社にお気軽にご相談ください。

〒168-0081 東京都杉並区宮前3-7-3
TEL 03-3332-6166
FAX 03-3332-6167
E-mail:info@shirasekokan.com

————————————————————-