ガンドリル・BTA加工

ガンドリル加工

元々は小銃や猟銃等、加工径の小さい穴を開ける為に開発されたガンドリルマシンで行う穴あけ加工です。高硬度材、ステンレス鋼、耐熱鋼などの難削材等をはじめとし、深穴、傾斜穴及び交差穴の加工等が可能になります。直進性、加工穴の精度、面粗度等に優れ、ホーニング加工に向いています。

  • ガンドリル加工1
  • ガンドリル加工2

BTA加工
厚肉・薄肉パイプ問わず、旋盤加工、ホーニング加工の下穴あけ等にも適しています。2つのチャックにて材料を挟み固定する為、黒皮材での加工も可能です。仕上げ面が従来のドリル加工より綺麗な仕上がりとなるのが特徴です。丸棒よりBTA加工後、ホーニング加工~切削加工を施し製品にしております。

1. ワーク固定
2. ガンドリル開始

お問い合わせフォーム・お電話<発信する>・メールにてお気軽にご相談ください。