旋盤加工

旋盤加工の特長

パイプ等をチャックに固定し回転させ、バイトと呼ばれる工具刃物を当て削る加工を旋削加工と呼びます。旋盤加工は旋削加工の一つで、主に丸棒やパイプを材料とし、正面削り、外丸削り、中ぐり、穴開け、ねじ切り、突き切り、心立て等の加工が可能です。旋盤機械といっても多種多様な種類がありますが普通旋盤は主にベッド上に工作物を取り付け回転させる主軸と工作物の反対側を保持する心押台、切削工具を取り付け、ベッド上を水平に移動する往復台とで構成され主軸を回転させる主運動、往復台の左右移動によりバイトの送り運動を与えるかたちで削りだします。

旋盤加工で使用する専用工具(一部)
バイト
外径、内径、端面等の研削内容によって使い分けます。
バイト
振れ止め
主に長モノの切削時にブレを軽減し寸法精度を上げる際に使用します。
振れ止め

当社加工風景

お問い合わせフォーム・お電話<発信する>・メールにてお気軽にご相談ください。